タイBL、タイドラマに浸かる日々|サバイなブログ

タイBL、タイドラマを中心にアジアのドラマ・映画について語ってます

タイBL

本国タイではYシリーズという呼ばれ方もするタイBL。

大手テレビ局から独立系の製作会社まで、一年を通してコンスタントに制作され質、量ともに黄金期を迎えています。

My gear and Your Gown 第五話六話「PaiとIttの奥手伝説」の巻

親にも放置されている孤独な少年の心が、Waan君が受け止めてくれたおかげほぐされて、快活な子になりました。という展開にしたかったのなら、せめて扱うエピソードは慎重に吟味するべきじゃないだろうかと感じましたね。

My gear and Your Gown 第四話「Waan、悪友に連れられクラブでグデグデ」の巻

「空気感が一般的なタイBLとはな〜んか違うんだよな、この作品」と見ながらずっと思い続けていたこの作品。 ようやくその理由が自分なりに特定できた

My gear and Your Gown 第三話「Pai君は忖度が上手」の巻

後半に至るまでこの第3話、あんまり大きな出来事がおこりません。 小さなエピソードが散発的に発生していく感じ。特に印象に残った物をピックアップしていきました

My gear and Your Gown 第二話「絵になる男。Pure」

Pureを演じているFiatさん。 メインキャストで一番場数を踏んでいるだけあって演技の安定感が他3名から頭2つ抜けています。 「絵になる」という点でも他三名よりアドバンテージ持ってるかなぁと思いました。

WeTVオリジナルのタイドラマ「My gear and Your Gown 」第一話

内容についてもキャストについても、あまり知られてないので展開が読めず、それが逆に面白い。 作りは比較的手堅くて、掘り出し物かもしれませんよ。

これにて(一時?)終了か。My Engineer 第四話、感想。

恋の予感が芽生えたところで、当ブログでは、DeunとBohn様2人の話は、いつか来るのか、待て次号という事になりました。

My Engineer。第三話。寡黙なイケメンRam。サイコー!

「男はだまって背中で語る」みたいな寡黙なキャラがいい感じで確立しているRam。ギリピュアキャラのDuenとキャラの立ち具合としていい勝負だなと思います。

My Engineer。第二話。Deunのピュアキャラがウザカワイイ

見た目から受ける「純粋で素直な好青年」というイメージとの相乗効果が半端ない。設定だけだと面白みのない人物でも、ここまで振り切れば強烈な個性になるんですね

My Engineer。第一話「ミズオオトカゲは僕らのキューピッド?」の巻

トカゲに襲われそうになった事がきっかけで恋が始まる……かもしれないボーイズラブは初めてじゃないでしょうかね

Dark Blue kiss 最終話「最優秀助演賞はクマちゃんだ」の巻

Kiss me againまでは、そこまでの深みはなかったPeteKaoの物語が、意外にも社会派エンタメと呼んでいい内容になっていたのは驚きでした。

Dark Blue kiss 第11話。しょんぼり顔ばかりのKaoに心がえぐられる想いがするよ

金持ちの坊や2人の争いの余波で、全てを失いそうな苦学生Kaoの健気さが切ない。

Dark Blue kiss 第10話。苛烈化。Pete VS Nonのおぼっちゃま対決

お坊ちゃま2人のいざこざために、なんで苦学生で家にお金入れてるKaoがやっすい市バスの硬いシートでさめざめと泣させられにゃいかんのだ!

Dark Blue kiss 第9話。Pete、駄々っ子モード発動!

この事態に至ったのはPeteさんがあまりに「お子様」だからじゃないか? という想いが強いです。

Dark Blue kiss 第8話「開催バリスタコンテスト」の巻

コンテストと乱闘騒ぎを繋ぎ合わせた編集が効果的でしたね。

Dark Blue kiss 。Kaoからの感動のメッセージに涙がポロリな第7話

Nonという名前に後輩をしめるNongがくっついて「ノンノーン」って呼ばれてるのはカワイクて、地味に気になりました

Dark Blue kiss 第6話。Morkの中の人Flukeさんが歌う挿入歌が初お披露目。

今回は圧倒的にSun店長とMorkさんのお話が面白かった。 学生BL物では起こりづらいイベントが発生して、その道中で2人が距離を縮めていく斬新な攻略ルートに興味を引かれる内容でした

Dark Blue kiss 第五話「笑えよ」とじゃれあう2人のカワイさったらねぇな^^

PeteKaoパートで半分くらいの時間を割いて扱われていた「親にカミングアウトするかどうか」 これにまつわる2人の会話は静かに刺さってくる内容でした。

Dark Blue kiss EP04「Sun店長がかっこいいぜ。真面目ってかっこいいぜ」

主演に格上げされた今回はSun店長の人物の掘り下げが深くなりました。 自分にも高い水準を求める人で、人知れず努力を惜しまない生真面目な人だという事が伝わってくる。個人的にはとても好感の持てる人物として描かれています

Dark Blue kiss EP03「PeteKaoの何気ない日常描写が心地よい」

メインディッシュはもう少し先よ。 とばかりにPeteKaoのお話は心地よくも静かな展開。 そしてSunMork(そしてRain)のお話が面白い^^

Dark Blue kiss EP02。ヤキモチ焼きラバーとしてもPeteさんの妬き方は怖い^^;

ラブストーリーで描かれる、ヤキモチのシーンが萌えポイントだって人。 嫉妬して拗ねてるヤキモチ焼き君がカワイイぞって思っちゃう人はボクだけじゃないと思うんですけど^^; これは……。

EN of Love #3 This is love story「いつのまにか彼ら全員を好きになってる素朴な空気感のタイBL」

このEn of loveというシリーズ。「出来がいい」とか「傑作だ」とかはちょっと言えないのですけど^^; 「好き」なシリーズにはなりました。

Dark Blue kiss ファーストインプレッション

「見よう見よう」と思いつつも、ずっと後回しにしていたKiss me againの続編にして、初のPeteKaoを主役に据えた「Dark Blue Kiss」ようやく手をつけることになりました。

これはもう肌色ボーナスステージ。WHY R U 最終話

工夫を凝らした演出や、肌色含めた役者の頑張りなど見どころも少なくはないのですけど、やはり完全版を期待して待ちたい

WHY R U the series ep11-ep12「ダディは見ていた」の巻

FighterとTutorのストーリーだけで勝負せざるをえなくなった9話以降、物語に引き込む力はかなり増したように感じています。

WHY R U the series リゾート編は目を甘やかす至福の時間

あなたがWhyRUをこれまで見ていなかったとしても結構な至福感を味わえる、番外編のような作り。

2gether The Series 最終話「Sarawatの愛のおっきさが半端なかったな」

ま。結論としては Sarawatの愛のおっきさがちょっと半端なかったな。 舐めてたわ、という感じでしょうか。

2gether The Series Man&Type特集

いつか書く機会もあるだろう?と思っていたサブカプのMan&Type。最終回を間近に控え、ついにこのManTypeに関して一言書き記しておきたいぞ。 と思ったエピソードが発生しました。

2gether The Series EP12「Sarawat、不憫すぎるだろ?」

どうして初恋のひとはラスボスとして現れたのか?などを考察してみました。 とりま。TINEにはもらうだけじゃなく、与える人になって物語を終えて欲しい。

EN of Love #2 Love mechanics Mark役。Warの魅力が光る

映像向きな微細な演技で、この作品のレベルを2つ3つ上にあげた作品の功労者War君の魅力が光る

WHY R U the series 第八話。画面の端のNatee君について語ってみよう

今回はかなり初期から書こう書こうと思っていたNatee君について語ってみようと思います。