タイBL、タイドラマに浸かる日々|サバイなブログ

タイBL、タイドラマを中心にアジアのドラマ・映画について語ってます

タイBL:TharnType

あらすじ -plot-

Typeはゲイが大嫌い。
なのに寮で相部屋になった音楽部生のTharnは生粋のゲイ。しかも自分に好意を抱いている。
「彼を追い出し、平穏な日々を取り戻そそう」というTypeの子供じみたイタズラにもめげずTharnは果敢にアタックを続ける。
はたしてTharnはTypeのゲイ嫌いを乗り越えて、彼と付き合う事ができるのか?

主演 -Leading role-

Tharn | Mew(Suppasit Jongcheveevat)
Type | Gulf(Kanawut Traipipattanapong)

作品の魅力 -Attractive as a drama-

Love by Chanceと世界観を共有するBLドラマ。前半はドタバタとしたコメディ色が強く、後半は気持ちのすれ違いやサスペンスの要素が強く先の読めない展開に。

原作者自ら関与したというだけあって、キャストと役の相性が完璧です。

絶賛シーズン2制作中

TharnType 最終話。派手さはないのに、涙腺がゆるむ素敵なクライマックスでした

Lhong役、Kaonaew君の演技が圧巻の素晴らしさ。 ここまで、どろどろとした愛情を無様にさらけだして、見ている人の心を揺さぶる演技はなかなか見られないと思った。

番外編。TharnType Lhongと余分な事を少々

ゲス展開のまま最終回は2020年に持ち越しとなったTharnType。 落胆するファンに少し早めのクリスマスプレゼント? 今週は番外編として、このドラマ最悪のヴィランになったLhongのエピソードが公開されました。

TharnType 第11話。タイBL。最低悪役賞の有力候補が現れた!

Gulf君は泣きの演技とか、静かな演技をする時にもっとも光る役者さんだと今回のエピソードを見て感じます。

TharnType 第10話。「Tharn、年下の元カレに泣かれてタジタジ」の巻

Type、Tharn、Tum,Tarの4人がそれぞれに今日負った心の傷に涙するシーンにエンディングソングのアコースティックバージョンがかかる演出には泣かされました。

TharnType 第八話・九話。Type!かわいいアピールがメキメキと上達中!

ここ数話のTypeさんに思う事はと言えば「カワイクなっちまってまぁ」って感じですかね^^ そんな8話と9話の感想をまとめて!

タイドラマ TharnType 第七話「過保護が過ぎてもはやストーカーだよ!Tum兄さん」の巻

これまでスルーしてきたTumTarの話から書いてみたいと思いますよ。 TharnType第7話

TharnType 第六話。TharnさんTypeの2大欲求を手中に収め作戦勝ち!

攻めのスタイルを貫き通して、諦めることなくType攻略を続けたTharn。 晴れて「お試し彼氏」になれたのもつかの間。 Typeに忍びよる女の影が。

TharnType 第五話。タイBLのロケーションは意外と日本と関わりが深いという話

甲斐甲斐しく介護してくれた事に恩を感じてわずかながらも態度を軟化させたType。 Tharnは相手のガードが下がったのをいい事に、ガツンガツンと攻めまくる

タイBL。TharnType EP3&4。Tharnが攻める!

甲斐甲斐しく介護してくれた事に恩を感じてわずかながらも態度を軟化させたType。 Tharnは相手のガードが下がったのをいい事に、ガツンガツンと攻めまくる

TharnType EP2 なぜにTharnに共感できないのかを考えている

Tharnのサイテー野郎っぷりに個人的にはドン引きで、ちょっと入りこみそびれた感のあるTharn&Type 第二話ですが……。 今回も相変わらず「Tharn、まじでクズだな」という印象でしょうか。

TharnType EP1 ファーストインプレッション

さぁて! ついにTharn&Typeの放送が開始されました。