タイBL、タイドラマに浸かる日々|サバイなブログ

タイBL、タイドラマを中心にアジアのドラマ・映画について語ってます

台湾発のネトフリドラマ『返校』。ゲームのドラマ化を期待すると……。

薄気味悪さと美しさが同居した蠱惑的な世界観の中、世相から来る悲劇の物語を描き出すゲーム版のドラマ版がネトフリクオリティで楽しめると期待していたのですが……。

もじもじが長すぎる。タイBL『Star in my mind』2話3話

シリーズタイトルは「Star & Sky」 「星と空」という感じでして……。 白◯社がタイにローカライズした少女漫画雑誌のタイトルか? と思わず苦笑。 内容もタイトルに偽りなしっといった少女漫画仕様といいますか……。

英国産ボーイズ・ラブ『Heartstopper』はカワイイ以外の語彙力を溶かす。

GMMの作品をたしなむ層ならハマる事間違いなしの英国産ボーイズラブをご紹介。

韓国ドラマ『未成年裁判』ひたすら続く鬱展開。なのに途中でやめられない傑作社会派ドラマ。

韓国物だとゾンビ率が高いこのブログにしては珍しく^^; ゴリゴリの社会派ドラマに「未成年裁判」ついて書いてみます。

可動型ネコ耳実装。ペットと共生?彼氏と同棲?タイBL?『Meow Ears Up 』

容姿が可愛くなければ化け猫と恐れられそうなスペックのMeowと孤独を愛する青年の奇妙でゆるい同棲生活

王道もじもじ君タイBL『Star in my mind』

シリーズタイトルは「Star & Sky」 「星と空」という感じでして……。 白◯社がタイにローカライズした少女漫画雑誌のタイトルか? と思わず苦笑。 内容もタイトルに偽りなしっといった少女漫画仕様といいますか……。

設定。飛ばしすぎだろう?「The Cutie Pie series」

Why RUを配信しているMandeeさんの新作BLがこちらCutie Pie。

韓国ドラマ?「QUEER MOVIE Beautiful」というのを見た

主人公ボンへを演じるキム・ヒョンモク君目当てで見ましたが……。

韓国学生ゾンビドラマ『今、私達の学校は|All of Us Are Dead』

学生グループの誰かが「推し(生き残って欲しい人)」になってしまったら、その結末を見届けたくて、気づくと5時間見続けました、というタイプのドラマ。 校舎の様子、学生たちの服装・風貌の類似点などもありまして、日本人的には欧米のゾンビ物よりも、リ…

タイドラマ『BAD BUDDY the series』 EP12『性悪バカップルどもめ(苦笑)』

「やってる君等が一番楽しんでるでしょ?」感がものすごい。いっぱいタイBL見てるけど、プレ・イチャコラシーンをこんな楽しそうに演じた人たちは記憶にない。

タイドラマ『BAD BUDDY the series』 EP11。想い出に選んだのは静かな暮らし

「高級リゾートでメチャクチャはしゃいだ数日間」ではなく、自分たちが作りたかった「静かな暮らし」を想い出として選んだ2人には共感と好印象しかない。

タイドラマ『BAD BUDDY the series』 第十話。Pranのネーミングセンスがキラキラすぎる

パスワードを教えるシーンを想像するだけで背中が痒くなる甘ったるさ。 制作者側で「さすがに糖分高すぎでしょ」と規制が入ったのか、劇中では登場しないのですが、いや見せてくれよ。甘ったるいもん飲みたかったよ!と思ったのは僕だけではないでしょう。

幼すぎるぜ。Wai!タイドラマ『BAD BUDDY the series』 第九話。

ちらかして、幹事を困らせるタイプですね。 しょーじきWaiさん。 あまり腕っぷしが強そうでもないのに喧嘩っはやいし、すぐ手が出るし、あげく気持ちのコントロールもできないしと……。 顔以外にいいところがなにもないという、なかなか困った人物設定です^…

タイドラマ『BAD BUDDY the series』 第八話「脇が甘いぞ!バカップル!」

他愛もないじゃれあいを合間合間に挟んで薄めてはいるものの、全体的には7話に比べて不協和音が目につく展開。 しかし今回はこのじゃれあいをメインに突っ込んでいこう!

タイBL『BAD BUDDY the series』 第七話。ラストの◯◯ーの連射攻撃に「あほか(ニヤニヤ)」と苦笑い

「競う」という体裁を取らないとスキンシップもままならないのは、少しかわいそうな子たちだなと思う一方……。 視聴者的には今回はなかなかに至福眼福な回でした。

タイBL『BAD BUDDY the series』 第六話。競いあわないと距離をつめられない2人

お互いもう分かっているのに「どっちが先にお前に惚れたと認めるか」 競走という形に持ち込まないと距離を詰められない2人は、まぁなかなかにかわいそうだなと思いました。

タイBL『BAD BUDDY the series』 第五話。ガッツリ○○にNanonとOhmの役者魂を見た(ありがとう)

事後のPranの少女感と、Patさんの満ち足りた表情も素晴らしく「あぁごちそうさまでした」という気分になりました。 このエピソードで作品の(好)評価をほぼ固めた気がしますね。

タイBL『BAD BUDDY』 第四話。お約束(あまり強くない)恋敵登場

作品としても面白さが、役者の魅力と力量が存分に発揮されている部分(この仮想デート部分もそうだし、エレベータ待ちをする部分なんかもそう)に寄っているので、 視聴後の印象も「ストーリーが面白かった」という感じにはならず「特定のシーンが面白かった…

タイBL『BAD BUDDY』 第三話。PatとPran。ボスヤンキー糸電話秘密会談の巻

作品としても面白さが、役者の魅力と力量が存分に発揮されている部分(この仮想デート部分もそうだし、エレベータ待ちをする部分なんかもそう)に寄っているので、 視聴後の印象も「ストーリーが面白かった」という感じにはならず「特定のシーンが面白かった…

GMM2022。気になる作品はこの4本

GMM2022の発表イベントがありました。今年の作品数は23本。 配信系作品も増えてるからかなんか年を追うごとに数増えてない? って気がするんですが、その中で「これは見たいな」と思った作品を3つか4つあげてみましょう

タイBL『BAD BUDDY』 第二話。気を抜くとヤンキー物

まじでBLでやらかすアクションのレベルを超えているのですが、市庁舎的に需要はあるのでしょうか?

祝?Nanonさん、タイBLにようこそ!『BAD BUDDY』 第一話

主役街道をひた走るGMM若手有望株のNanonさん。 安易にBLには手を出さなかったそんな彼が満を持して?出演したのがこのBAD BUDDYシリーズ。

韓国ドラマ「ナビレラ-それでも蝶は舞う-:Navillera」みんな、ドクチュル爺ちゃんを好きになりすぎている

チェロクのお父さん問題をはじめ、色々な問題をすべて危なげなく収まるところにきれいに収めて、最後まで明るさをなくさない(けど体内の水分は搾り取る)華麗な着地でドラマは締めくくられました。

韓国ドラマ「ナビレラ-それでも蝶は舞う-:Navillera」不穏さ漂う四話〜六話

最初こそ嫌がっていた長身の年下イケメンに手とり足取り教えてもらえて、天にも登る気持ちかと思いきや……。

『Fish upon the sky』一話・二話『Pi、駄目だ!北のレンジャーがお前の頭を狙っているぞ!』

別の作品のレンジャーがいつ乗り込んでくるのかハラハラします^^;

年の差50歳のブロマンス。韓国ドラマ「ナビレラ-それでも蝶は舞う-:Navillera」一話〜三話

70歳のダンサー志望と、23歳の天才(だけどメンタル弱めの)ダンサーは行動を共にすることになり、年の差ざっと50歳のブロマンス

タイBL『Check Out』(本編並のボリュームなのに)エピソード0

LBCのナマケモノ的のんびりキャラGood君を演じたBestさん、堂々主役のタイBL

ネトフリで見れるタイドラマ。Newさん主演「愛が必要:I Need Romance」

New Thitipoomさんが主演を務めるタイドラマ。

韓国ドラマ「キングダム アシンの物語」アシンの人物が深く掘り下げられシーズン3への期待を高めるスペシャルエピソード

韓国ゾンビ時代劇キングダムのスペシャルエピソード。シーズン3への期待値をあげるには充分な内容でした

韓国映画「ソボク」

銃撃戦にカーチェイス、はては超能力と派手めアクションシーンもウリの一つではあるのでしょうが、やはり作品の一番の魅力は コン・ユとパク・ボゴム、主演2人の心の交流にある。