サバイなブログ

タイ、韓国のドラマを中心にアジアのドラマや映画を紹介しています。ややBL多め

Ae。ボクの初キスをPeteにささぐの巻。Love by Chance 第四話。


「さっきの。俺の初キスだから」

 

すんごい回でしたね^^

冒頭から最後まで2人の展開にもう萌えまくり三重奏(意味不明)。

そしてAe&Peteのお話に一つ目のクライマックスが。

 

ストーリーの構成も素晴らしく、せかされる事も中だるみもなく、程よいテンポで複数の話が微妙にクロスしながら進んでいく。

マルチプロットドラマのお手本のような内容でした。

そんな大満足のLove by chance第四話。あらすじを

そして今回はさらに長いので目次をば

今回はほんとうに全編見どころ満載でした。

なにも情報をいれず本編を見たほうが絶対楽しめるので、まだ本編を見ていない方はそちらを先に御覧ください^^

それではまた会いましょう!

 

第三話についてはこちらで語ってます。

rukacchii.hatenablog.com

Ae。Peteに軟膏を塗るの巻

Trump先輩に暴行を受け、雨の中放置されたPete。

かけつけたAeに連れられてビジネスホテルに一泊する事に。

泣きじゃくっていたPeteもようやく落ちつきを取り戻す。

Aeは傷の具合を見せてくれと、彼のガウンを脱がし、傷の具合を確かめる

内心ドキドキのPeteをよそに、Aeは軟膏を塗り込んだ。

 

ちょっとエッチいこのシーン。

スローモーションや撮り方の工夫でセクシィな演出をされていますが、出来事としてはそれほどエッチぃわけではないんですよね。

Aeは傷を確かめるために服を脱がせ、傷の具合を確かめて、軟膏を塗った。というだけです。

この時点でAeが自分の気持ちに気づいていたかは不明ですが、この時のAeの行動は「友人の怪我を手当する」以上ではありません。

にも関わらず、このシーンが無駄に^^;セクシィなのは起こっている出来事をPete主観で描こうとしているからだと思います。

軟膏を塗るこのシーン。

カメラの高さがPeteの目線の高さにほぼ固定なんですね。

見ている人はPeteの目線でAeを見る事になるわけで自然とPeteに気持ちを重ねていく。

大好きなAeとホテルで2人。服を脱がされ、肌に触れられ、超至近距離で見つめられ。

そのドキドキ感やその先への期待をスローモーションや、全体にふんわりとしたぼやけた映像で表現して、見ている人に追体験させてくれます。

だからこのシーン、エロいのです^^

 

ちなみにこの後につづく朝のシーンではカメラはAe主観です。

Aeの動揺やムラっとしてる感がダイレクトに伝わってきませんか?。

 

甘えたさんのPeteに「一緒にいてよ」に頼まれたAe。

大きなベッドでPeteと一緒に寝る事に。

翌朝。目を覚ましたAeはおどろいた。

自分がPeteに寄り添っていて、さらに手を彼のはだけた胸の上に置いていたから。

飛びのくAe。しかし目はPeteの白い胸に吸い寄せられる。

アスカの胸を見てムラっとなっちゃった某碇◯ンジ君のような状態に。

手を伸ばしPeteの胸に再び触れる。

正気に戻ったAeはベッドから飛び出した。

 

AeはPeteを学校の駐車場まで送り届け、2人は別れた。

 

数日後。AeとPeteは学食でPondに合流した。

AeがPeteの分まで昼食を買いに行ったすきに、Pondは「俺たちと一緒に映画に行こう」とPeteを誘い、彼の方に腕を回す。 

戻ってきたAeはそれを見て嫉妬

「なに話してたんだよ?」「なんでお前の頬に触ってたんだよ」とヤキモチを焼く。

 

 

 

出会いはサイアク、CanとTinの巻 

「めっちゃ頭きた!」

迎えを待っていたTechno達サッカー部員。

そこに部員の一人Canが走り込んできた。

雨の日、倒れていたPeteを発見したAeの友人だ。

何があったか尋ねると、Canはまくしたてた。

「朝目覚ましが鳴らなかった!いや。鳴ったのに自分で止めちゃったのかも!わかんない。でもって階段を駆け下りたら、母さんが仕事に飛び出しちゃって。朝飯食えなくて!でさ。姉貴はオレのこと「足の折れたカメ」って呼んだんだよ。猿だよ!なぁ先輩。知ってるよね。オレはカメじゃないよ。んでここに着いたらさ!シャトルバスは来ないし!だから歩く事にしたんだけど」

「ちょい待った。お前が怒ってるのはつまり、朝起きれなくて、朝ごはんが食べられず、姉さんがお前の悪口を言って」

「先輩。ちゃんと聞いてた?そんな小さな事で怒ってないよ」

 

Canは直前に会ったIC(不明。学部?)の嫌なやつとの出来事で怒っていた。

シャトルバスを待っていたCan。

手持ち無沙汰に蹴ったボールを追いかけたら、通りかかった車にクラクションを鳴らされた。(おそらく)車が侵入禁止の校内で、轢かれかけたのだ。

車に駆けより抗議するCan。

運転していたのはTin。Peteの友人のおぼっちゃまだ。

Tinは大学に通う庶民を露骨に下に見ている。

「ここは道路で。車が走るためにある。君に考える頭があるなら、誰が謝るべきかはわかるはずだ」

「オレに頭がないってのか!お前、オレに向かってクラクションを鳴らしたんだぞ」

「あぁ。考えることはできるのか」

ヒートアップしさらに食ってかかるCan。

「次は道路を歩かないこと。さぁ。僕の視界から消えてくれ」

Tinは冷たくそう言うと、食い下がるCanを置いて車を走らせた。

 

Thechno。高校生に車で送迎してもらう事になるの巻 

怒りが収まらないCanは、Techno達にひとしきり文句を言ったあと「腹減った」と去っていく。

アイツのことはよく判らない。

部員にそうぼやくのはフットボール部の部長を務めるTechno。

線が細く、優しい人柄の彼はなめれらがちだが、Canには特になつかれている

 

日頃通学に使うバイクが壊れてしまい、Technoは迎えを待っていた

やってきたのは弟の友人で高校生のKla。

一見真面目そうなKlaだが、彼こそがTechnoのバイクを(弟をまきこみ)壊した張本人。Technoの事が好きなKlaが、彼に近づくためにやったことだ。

そうともしらず、Technoは、Klaの車で自宅へ送ってもらうことになる。

 

Aeの告白。そして初キスの巻 

Ae、Pond、Pingの3人と映画を見終わり、PeteはAeを車で彼の部屋へと送り届ける。

ヨーロッパから帰ってきたお婆ちゃんがお菓子をたくさん買ってきた。

Aeの姪、Iymに幾つか持ってきたというPete。

荷物を取ろうと後部座席を同時に振り向き、ちょっとありえない偶然のキス

 

ココ!

ゴクリと動くAeの喉がひときわ緊迫感をあおってます。というか生々しい。
ま、それは置いてもさすがにここは「ありえないだろ」と思ってしまいましたね〜。

Aeは自分の気持ちを自覚しているので、だったらここは自分のために(正確には姪のために)プレゼントを持ってきてくれた事に感激しちゃって、思わずキスしちゃった。

位なカットがあれば説得力があったのですが。

ちょっと残念。

 

気まずい空気が流れる車内。

そして今度ははっきりと意思をもってAeがPeteにキスをする(ここだけで良かったんじゃないかな)。

「俺、たぶんお前の事、友達以上に好きになってる」

自分の気持ちをとつとつと語るAe。

どうしたいのか尋ねるPeteに今も混乱しててよく判らないと返すAe。

「お前も俺の事好きだよな?」

「ボクは、ボクは。わからないよ」

 

好きオーラダダ漏れだったくせに!
相手がふりむくといきなりじらし作戦を取るPete!

 

「もう一度キスしていいか?」

返事はなく、AeはPeteにキスをした。

「下手で……。ごめん」

「そんなこと、ないよ」

Aeはプレゼントの礼を言い、車を降りようとドアを開けた。

「えと。さっきの、俺の初キスだから」

去っていくAeの背中を見ながら、微笑むPete。

みたいな感じでした。

 

いやぁ、長かった。

はぶけるエピソードが本当に今回は少なかった。

 

 

 

Love by chance。第四話の感想を

まずは!

全編にわたってAe役のPerth君の演技が素晴らしかったです。

彼はこれが初の大役とは思えないほど演技が上手い。ぶれがない。

どのシーンでも表情が的確で、手に取るようにAeの気持ちの変化が伝わってくる。

 

「Peteの事が好きなのかも」と気づいた時のとまどい。

一緒にそばにいられる時の嬉しさ、楽しさ。

そして初キスの緊張感やその後の充実感。みたいなものを余す事なく見せてくれます。

ありがとう!

 

今回はCan&Tin、Techno&Klaのサブストーリーが本格的に動き出しました。

特にCanは大フィーチャー

初回の時から思ってましたが、とにかくしゃべり方が独特。

「Ae!と、お前!あぁ殴られてた奴だ。どう?よくなったか?お前にあんな事したやつは見つかった?あっ俺なんだぜ!IC校舎で倒れてたお前を助けたの。ほんとお前がAeの友達で良かったよ。じゃなきゃ大問題になってたかも。俺、お前を殴ったのAeだと思ってたもん。だってさ、お前ずっと「Ae。エンジニアリング学部。Ae。エンジニアリング学部」って言い続けてるからさっ」

みたいな、短めの文章をリズミカルに繰り出してくる印象。

今回はそんなCanトークが何度も炸裂しておりました。

 

そしてKlaがいよいよTechnoに接触

この人は色んな意味でナゾなキャラ。

劇中も、中の人も、十代という割になんかえらい落ち着いてる。

そして劇中じゃ結構黒い。

だからなのか、このKlaがな〜んでTechnoをここまでして追いかけるのか「好きだから」という理由だけでは説得力を感じませんね〜。

むしろバレたらどうすんねんって感じ。

つねに気弱な笑みを浮かべて、ざ・いい人なTechnoさんの今後が気になるぞってところで。

待て次号!

rukacchii.hatenablog.com