サバイなブログ

タイ、韓国のドラマを中心にアジアのドラマや映画を紹介しています。ややBL多め

2moons2。第八話「先を越されて、Pha驚愕!」の巻

上か下かの戦いには勝ったのに「友達のままでいよ」と言われてしまったForthさん。

それが彼の心に火をつけたのか、グイグイ攻めてく!

2moons2の第八話の感想を!

七話についてはこちら。  

rukacchii.hatenablog.com

 

地方の苦学生のために募金活動をするPha、Kit、Beam

まずはMingがWayoを連れてやってくる。

嬉しいくせに、コソリとPhaの影に隠れるKit。 

そんな事は意にも介さずMingは彼らに近づいて「後ろに隠れてる人に募金をしたいんですよね」的な事を言う。

 

低身長という設定を生かしたナイスな演出ですね^^

というのは冗談ですが、意識したのか偶然なのかは分かりませんが、募金を促すKit達より、Mingは高い場所に立っています。

当然、KitはMingを見あげる感じ。いわゆる俯瞰(ふかん)というアングルになるのですが、このアングル、一般的には撮影対象を弱々しく見せる効果があります。

この場合はKitを弱々しく見せてます。

結果として、この一連のやりとりの主導権はMingにある。

そう視聴者が感じるようにカメラワークが作られています。

 

 

 

MingとKitのやりとりにあてられたBeamは、苦悶のあまり?熱中症?で気分を悪くしてよろけてしまう。

や◯逃げされてから、こっそりBeamの様子を伺っていたForthが彼に駆け寄るが、Beamは彼の腕を振り払う。

Kit、Ming、Beam、Forthの恋の矢印がバチバチと火花を散らす中。

我らが清純派Wayoはいつもどおりのポケーっとした顔でやってきて

「Pha先輩〜。口開けて〜」

と海老フライ的な串物を差しだした。

数秒までBeamの体調を伺う様子だったPha先輩も、ふぬけた笑顔で「あ〜んっ」と口を開け、かぶりつく。

 

いやぁ……。ノロケがすぎるぞ、この2人^^;

ドン臭いとはいえ、周囲の空気をもっとよく読むように!

 

そして、このサービスショットにSummyちゃん演じる腐女子は大喜び。

彼女の黄色い悲鳴に気づいたPha先輩が、海老フライもどきをかじりつつ、視線だけSummyちゃんに向けるのが、地味に見どころショットと言えるでしょう^^

「いっ?」みたいな顔になってます^^

 

さて、エンジェル団と補習を受けるWayo。

そこに現れたのが薄ら笑い系男子Park。

彼が飽きっぽいエンジェル団のために無料授業を買って出る。

ホワイトボードを全面使って、中々の名教授っぷりだが「間違ってるぜ!」と時代劇の侍のように颯爽とPha先輩が現れる。

ここからしばらくPha先輩による物理講義が続き、俺はWayoのストーカーってわけではないんだぞ!

という事を全方面にアピールしました。

公衆の面前で小馬鹿にされたParkは一言「先輩が代わりに教えてやればいい」と去っていく。

 

完全勝利を確信したPha先輩はご機嫌で愛車の前に来て、戦慄する。

車のボディに「くそったれ」とペイントされていたからだ。

 

Phaじゃなくても「これはParkがやったのか」と疑いたくなる編集ですが、だからこそ実はParkじゃないんでは?

と思ったりします。

それとPhaはParkがWayoの事を好きだと思っているっぽいんですけど、個人的には、そんな素振りはちっとも感じないのですが。

むしろ、俺とビジュアル偏差値たいして変わんないのになんなの、この子。

あっちのムーン、こっちのムーンを引き連れて!

的なニュアンスに思えるのですが。

個人的にPark好きなので、彼にはもう少しダイレクトに、ヘラヘラ得意の薄ら笑いでWayoとPhaの仲をひっかきまわして欲しいなぁ……。

と思います。

 

 

 

さてその夜。

愛車にイタズラされて落ち込んでるよ、という口実でWayoの髪をモフモフするPha先輩。

話は車のことから、Parkは危険だという話になり、さらには「いつやらせてくれるのかな?」とお話に。

 

ベッドの上ではオールウェイズタンクトップ

「いつでも来てよ」というサインを送っているのかと思いきや、Wayoさんは心の準備ができていなくて、いまだキス以上を許してあげていない模様。

お腹に頭乗せて寝そべったり、肩に顎乗せてささやいたりと、ここまでも高い密着度を見せつけて来たこの2人が、成り行きでそうなってしまわなかったというのがスゴイ。

強い自制心の持ち主ですね^^

そしていつも思うのが、どうして一人部屋なのに、ベッドは大きく枕は2つあるのでしょうね^^;

タイではそういう仕様なのかな。

 

高い自制心で貞操を守るWayo達を尻目に、一夜の間違いでぎこちなくなったBeamとForth。

今どき田舎の高校生ヤンキーでもやらないような殴り合いの喧嘩で怪我をした工学部学生Forthさん。

たまたま……というか、なにかを感じて追いかけたBeamが助けだし、車の中で手当をする。

 

今回もForth役のPavelさんの演技がとてもとても光ります。

原作者がキャスティングについて話していた際「最初、役者ではなくバイタクのあんちゃんかと思ってた」と言われたPavelさんですが、華のあるいいお芝居をなされます。

React動画を見てるとさほどキラキラしていないのに、撮影用のカメラが回ると俄然魅力的になる。

役者として中々いい素質を持っていると思います。

 

Beamの事を追いかける!と決意したForthに、(おそらく)Phaから「話がある」と連絡が入る。

 

男同士のサシの話かと思いきや、そこには彼の新妻Wayoもいましたね。

話が始まる前に、スマホあげて「ゲームでもしてろ」と言うのではあれば、どうして連れてくるのかな。Pha先輩のイヤミでしょうか^^;

 

Beamが全部ぶちまけたのか、PhaはForthがBeamを口説いてる事を知っていた。

「お前みたいな奴が、どうしてBeamに興味を持ったのか不思議だよ」

「Beamと俺はな。ヤッたんだ」

Pha驚愕!

そしてゲームに興じていたWayoも驚愕!

「ヤッた?……それってつまり」

「寝たんだよ!」

 

僕たちより先行かれちゃったよ。

と2人が思ったかどうかは分かりませんが^^;

互いの顔を見るPhaとWayo。

その後ちょろっとあった後、Forthは酔いつぶれるBeamをバイクの後部座席に乗せて「俺と付き合えよ」と強引に迫る。

ノーヘルな上に、もちろん飲酒運転。

身の危険を感じたBeamは「お前と付き合うよ」と声をあげる。

良い子は絶対にマネをしちゃいけない口説きです。

 

というところで。待て次号!

rukacchii.hatenablog.com