サバイなブログ

タイ、韓国のドラマを中心にアジアのドラマや映画を紹介しています。ややBL多め

タイBL。Kiss me againをPete&Kaoだけで語ってみる最終回。Peteのパパは……。

犬猿の仲から急展開。

告って、キスして、ベッドの上に突き飛ばし……。 

その後はおそらく

 

「昨夜はお楽しみでしたね♪」

 

と、ほくそ笑みたくなる一夜を過ごしたPeteとKao。

これでようやく2人もめでたくゴール・インになるのかな?

と思いきや……。

 

Kiss me again11話から13話のBLパートの感想を!

Kiss me again7話と10話についてはこちらから  

rukacchii.hatenablog.com

 

Kaoと地味にお近づきになりたがってるオサレカフェのオーナーことリザードフェイス(名前を知らない)への嫉妬心から、Kaoへの想いを(想いだけ?)ぶちまけちゃったPeteさん。

いざ冷静になってみると、自分から「やりなおそう」と切りだした彼女に「やっぱ別れよう」とは切りだせないょ、と、もにょりだす。

 

 

 

そんなPeteへの対抗意識か。

Kaoもオサレカフェのオーナーの誘いを断らない。

自分は彼女と別れないのに、相手が自分以外の男と仲良くするのはしゃくに触る、お子ちゃま思考のPeteくん。

「アイツとは会うなよ」とごねてみる。

しかしすでに腹をくくった感のあるKaoは「お前が俺たちの関係をハッキリさせるまで、俺は他の誰かとデートすんのを止めないよ」と強気の発言で去っていく。

 

ビジュアル的には、三歩下がって夫の後をついていきそうな清楚イメージのKaoさんですが、腕っぷしも強ければ自己主張もわりと激しい。

おバカな夫の言うなりになって、涙で枕を濡らしたりしないたくましさがKaoというキャラの面白いところかなぁと思います。

 

実際、おバカな夫、PeteはKaoのこの宣言に動揺。

わりとあっさり彼女に別れを切りだす事になるわけなので。

公式につきあう以前から、Kaoさんは夫のハンドリング術を完璧にマスターしていたと言っていいでしょう^^

 

ちなみに顔と体のギャップが魅力な中の人、Newさんは本日誕生日だそうな!

Happy Birthday! New!

 
 
 
View this post on Instagram

GMMTVさん(@gmmtv)がシェアした投稿 -

 

デートから帰ったKaoを、Peteは自室で待っていた。

これ。義理の母公認です^^

 

彼女と別れた事を報告して、これでKaoも俺の本気を判ってくれて俺とつきあってくれるはず!

と思っただろうPeteに対して、Kaoは言った。

 

「今までお前に散々嫌な想いをさせられたから、信じられない」

 

来ました!

タイBLのウケ男子の得意技、じらし作戦^^

とはいえ、そこは他のウケ男子に比べて腕力も自己主張も強い子のKao。

じらしながらも

 

「(自分を信じてほしいなら)お前は俺にもっと誠実さを見せないといけない」

 

と、さらなる要求をつきつけるたくましさ。

かぐや姫みたいすね。

 

 

 

しかし、このじらし作戦も効果を発揮。

Peteは親も驚く良い子に激変。

Kaoに押しつけていた宿題も、今では自分が率先して片づける。

あまりの豹変ぶりに策をしかけたKaoも笑顔が止まらない。

 

ここにきてKaoが、ようやく笑顔を見せるようになりましたねぇ。

ちら見していた「Kiss the series」では、Kaoは常にニコニコ、邪気のない笑みを浮かべている子という印象だったんですが、段々そこに近づいてきた感じがします。

笑顔と比例するかのように、2人のやりとりもここにきて急に生き生きとした物になりました^^

 

そんな2人に立ちふさがるのは別れたPeteの元カノでした。

 

ゴタゴタがあってPeteの家に転がり込んだ彼女。

あろうことかPeteとKaoがプールでキスするのを目撃

翌朝Peteを「どういうことなの!」と問い詰める。

彼女に腐成分はないはずなのに2人のキスを激写していて、怒りに任せてPeteの父親に送りつけた。

 

元カノに自分達の関係が知られてしまった事に動揺する2人(というか主にPete)だったけれど。

Kaoのお母さんが過労で倒れたりしているウチに、なんとなく乗り越えて、2人は互いへの気持ちを再確認する。

 

このあたり若干時間稼ぎの匂いもしますね^^

そいや、この後半戦になって(おそらく)スポンサー様のインスタント麺を2人が食べるシーンが数回出てきて、そのたびKaoがラーメン作るんですが。

Kaoがめっちゃドヤって「旨いだろ?」ってやるのが笑えますね。

 

ハサミで封切って、どんぶりにお湯注いで、麺入れるだけの料理とも言えない料理なのに^^

せめてチャーシューでも切って入れようぜ!

 

互いに宣言をしていないだけで、事実上交際をはじめた2人。

部屋のカウチで勉強をするはずが、いつのまにか違うお勉強が始まってしまう

ま。若いから^^

 

「今ならわかるよ。お前がどんだけ愛くるしいかってことが」

「な。なに言ってんだょ」

 

とまんざらでもない笑みを浮かべるKao。

 

「慌てるなって。しばらく一緒にいられるんだし」

「どういう事?なにしようとしてんの?」

 

ここ。

Kaoさんの言葉とは裏腹な、やる気まんまんの薄ら笑いとキランキランする瞳が激エロいっす^^

Peteの顔が近づいてきて〜近づいてきて〜、キスする寸前に嬉しそうに微笑むくだりとかめっちゃ色っぽいです^^

 

カウチにKaoを押したおし、Peteが今まさに第一ラウンドを始めようとした瞬間

ドアが開き、Peteパパが現れる。

 

男子的には、なかなかに笑えないシチュエーションです^^

ま、でも、あと十分遅かったら、パパも息子も二度と顔を合わせられない気まずい状況だったかもしれないので、未遂で発見されていて良かった……

かもしれません。

 

パパはさぞや怒るかと思いきや。

先進的な考えを持つとてもできたお父様で

 

「(元カノからの写真で)もう知ってたし、別に構わん。でも誰もが受け入れられるわけじゃないから、とうぶん秘密にしとけ」

 

という、セクマイの親としてパーフェクトなんじゃと思う回答で、PeteとKaoの事を許します。

これにて2人は正式に、でもみんなには内緒で、おつきあいをすることになりました。

 

というわけで4回にわたってお届けした「Kiss Me Again」もこれにて終了。

 

あまり深いテーマとかないし、そもそもSandee一味のパートして見てないですけど、気楽に見れるドラマかなと思いました。

例によってYouTubeで公開しているので、お時間のある方はPete&Kaoのシーンだけでもご覧になるといいのでしょうか。

 

それでは別の作品で^^

待て次号!

 

そういや、一味のボス、Sandeeさんは後半全くでてきませんでしたね。

時期的にHappy Birthdayの撮影とかぶったのかな。