サバイなブログ

タイ、韓国のドラマを中心にアジアのドラマや映画を紹介しています。ややBL多め

My Dear Loserを(ほぼ)INSUNオンリーで語ってみる「1.その出会い」

予告にガッツリからめとられてしまったOur SkyyのINSUN編。

rukacchii.hatenablog.com

 

 
 
 
View this post on Instagram

GMMTVさん(@gmmtv)がシェアした投稿 -

Our Skyyの本編を公式がアップするのを待つ間(するのかな?しないのかな?)

予習をしておくべきではなかろうか?

と思いたち……。

 

 

 

第一話で離脱したタイドラマ My Dear Loser:edge of seventeenを見始めました

とはいえ全10話あるお話をすべて見ていたら時間がかかる。

マイ視聴リストには、Kiss関連の2シリーズも控えているので。

ここは苦渋の選択で(キチッと全部見たい派なので)IN&SUNパートだけを重点的に見ることにしました。

……といいつつNanon君演じるヘタレっ子Mushroomが、彼史上さいっきょうにカワイイので、ついついその部分も見てしまっているのですが^^;

 

というわけで。

YouTubeの2倍速再生と10秒飛ばしを駆使して楽しんでいる^^;

My Dear Loser 第1話から3話のほぼほぼ?INSUNパートの感想を!

Nanon君演じるOhはいじめられっ子。

特徴的なおかっぱ頭からMushroomと呼ばれる彼。

スクールカーストの最底辺にいる彼は、校内で一二を争う人気の美少女Peachに恋をしている。

 

ただでさえ高嶺の花なのに、彼女はいじめっ子グループのボスCopperとつきあっている。

Ohにできる事はと言えば、彼女のSNSにイイネやコメントを残すことだけだった。

 

さて。その日も苛められていたMushroom。

脱がされた靴を高い木の枝に引っ掛けられた彼は、それを取るのに四苦八苦。

 

そこに現れた(比較的)しょーゆ顔の少年がホウキを使って取ってやった。

彼はSUN(Chimon)、転校生でその日が彼の初登校

親切心からOhを助けてやったばっかりに、彼にもいじめっ子が絡んできた。

いじめっ子グループBig5のナンバー2、IN(Pleum)だ。

殴り合いのケンカに発展しかかったところを、OhとINのクラスメイトで学級委員を務めるSichonが静止する。

 

このシーン。

早々に三角関係に発展しサブストーリーを引っ張っていく、IN、SUN、Sichonが一同に会し、それぞれに簡単な見せ場が用意されています。

 

出会いは最悪のSUNとIN。

 

SUNはINと同じクラスに編集され、くわえてINの隣に座ることに。

INは、子供っぽいイタズラをしかけてきては薄ら笑いを浮かべている。

 

OurSkyyの予告では。

INが穏やかな表情をして、転校当時の事を「懐かしくないか?」とSUNに問いかけてますが……^^;

この頃のINは素行が悪かった!

初回は眉間にシワ寄せて不機嫌そうにしているか、小馬鹿にした笑みを浮かべているかのどっちかで、下手に思い返されると、懐かしさよりムカついてきちゃうんじゃないでしょうかね?^^;

 

 

 

2人の関係が変化するのは、INがBig5の一人とケンカをしてから。

(おそらく)5人全員でフットボールクラブに入ろうと思っていたのに、このケンカが原因で、INは仲間はずれにされてしまう。

 

まぁ、いじめっ子のグループにはありがちの展開です^^

 

ボスのCopperに「なんとかしてくれよ」と頼んでも、彼は喧嘩両成敗というか、手下同士のケンカになぜこの俺が?とでもいう感じで、INが仲間に戻れるようにはしてくれません。

 

INは(かなり)裕福な家庭のお坊ちゃまなわけですが、共働き(おそらく、夫婦で事業を営んでいる)の両親は自宅を留守にしがち。

「冷蔵庫に◯◯を作って入れといたから」的な両親のちょっとしたメモ書きを、いちいち壁に張っておく位には、鍵っ子生活に寂しさを感じていたようです。

 

この直後に、SUNが身を寄せている叔母に「帰りが遅い!」と難癖をつけられるシーンが描かれます。

預かっておきながら「遅くなるなら帰ってこなくていい。友達の家に泊まってちょうだい」的な事を言うこの叔母さん。

日本ではなかなか見ないタイプです(まず預からないと思います)。

 

このシーン。

INとSUNを交互に描いていく事で、二人が同じ寂しさを抱えている、同じ物を求めている事を表現しています。

ま。わかりやすく、2人の今後の展開を予感させる演出になっているなと^^。

 

家が温かい場所じゃないのに、友達とも上手くいかなくなってしまったIN。

昨日まで肩で風切って歩いてたBig5のNo2が、一人寂しくランチを食べなくちゃいけないハメに。

そこに手を差し伸べてくれたのが、お人好しのSUNとSichon

こうして、SUN、IN、Sichonはつるんで行動する様になり、男子2人、女子1人という定番の三角形が出来上がりました。

まぁ形は定番なんですが、恋のベクトルは全員一方通行なんですが……。

ちなみにSichon役の女の子。

おそらくTheGiftedのMon役の子ではないかと思います。


彼らとOhは、HQBクラブというクラブに入部を決めていました。

早送りしてるので、High Quality Brainの略称という以外の情報は曖昧です^^;

Oh君がルービックキューブを爆速でクリアするという描写があるので、パズル研究会のような物かもしれません。

ちなみに、この後もしばしばルービックキューブが出てきて、Oh君がサクサクとクリアしていくシーンがあります。

この時の手さばきがすごい。

顔も映ってるのでNanon君本人がやっているんだと思うんですが、IN&SUNからの恋バナの追求をかわしながら(つまり膨大な台詞をしゃべりながら)ものすごい手さばきでルービックキューブをクリアするシーンなんかもあります。

 

そんなわけでHQBクラブの実情は曖昧模糊としていますが^^;

重要なのはどんなクラブかではありません^^

  • クラブ設立の許可は7人以上の部員が必要ということ!
  • そして部員は現在6名しかおらず、1名足りないということ!
  • 仲間からハブにされたINはクラブが決まっていないということ!

特に強く勧誘をした様子はありませんが^^;

Sunがちょっとしたカケをもちかけ、カケに勝ち、INもHQBクラブに入部する事になりました。

 

ほぼ同時進行で、INSUN、Copper、そしてPeachが出演をする舞台の話が進みます。

こっちがメインのストーリーライン。

OhとPeachのいろんなエピソードが展開されます。

 

IN&SUNはガーディアン役で出演

アート関連に興味を持ってるSUNが、INに振りについて指導をしたり「緊張する」とか言ってるINを勇気づけたりする、という2人が友情を育てていく小さなエピソードが積み重ねられていきます。 

SUNがアート系に関心が深い、という設定を知ると、Our Skyyではカメラ持って旅行に行った(らしい)というのも頷けます^^

 

とまぁ3話までをざっくりとまとめてみましたよっと。

サブストーリーでありながら「最悪の出会いをした2人が友達になるまで」が過不足なく描かれているかな、と思いました。

それと本当にさりげなくではありますが、SUNのセクシャリティをほのめかすエピソードがあちらこちらに描かれてます。

 

というわけでつづく4話から6話は「2.その進展」というタイトルで近日中にお届けします。

rukacchii.hatenablog.com

 

待て次号!