サバイなブログ

タイ、韓国のドラマを中心にアジアのドラマや映画を紹介しています。ややBL多め

タイドラマ。My dear loserのINNとSUNにはおまけエピソードがありました。

全三回にわたってお届けしてきたMy dear loser:Edge of SeventeenのBLカップルInnとSun。

この後は大学生になった2人を描くOur Skyyまでタイムジャンプするのかと思いきや!

ちょっとしたおまけ出演がありました。

今回はそのおまけエピソードについて語ってみます。

というわけで。

My Dear Loser:Happy Ever after 第8話の感想を!

本家My dear loserのInnとSunについてはこちらで語っています

rukacchii.hatenablog.com

 

My dear loserはオムニバスドラマです。

InnとSunがメインで出ていたのはその一番手。

Edge Of Seventeenというサブタイトルがついてます。

続く第二弾はMonster Romance。

ボクが華麗にスルーしたOhのエピソードに絡むバイク屋の若き店主Pongを主役にしています。

 

 

 

第三段はHappy Ever After。

今回Inn&Sunがゲスト出演を果たしたのは、このHappy Ever Afterの第8話。

CMのタイミングで一話が五分割されているのがデフォルトのGMMドラマ。

彼らの出演パートは第8話のパート3です。

リンクを!どん!

[Eng Sub] My Dear Loser รักไม่เอาถ่าน | ตอน Happy Ever After | EP.8 [3/5] - YouTube

 

ちなみにパート2のラストにもちらっと出ます。

Liptaというタイシンガーが歌うMy dear loserの主題歌に合わせて、スローモーションでInn、Sun、そして主役特権でOhもおまけについてきます^^;

ちらっとなのでそちらは割愛。

たぶんパート3の関連動画にあがってくると思うので探してください。

このパート3、まるっとInnとSunがメインの話。

繰り返しますがOhは冷やかし程度です。

彼はOur Skyyでは出番もありません。

段々と脇へと追いやられていく様が不憫です^^;

 

さてさて前置きが長くなりましたが本編を。

この部分しか見てないので^^;

間違っていたら……こっそり教えてくださいませ^^

 

失業中の30前後の青年Tonの元に旧友が三人の生徒をつれてきた。

それがSun、Inn、Oh。

 

彼らを連れてきたのはMy dear loserにも出演していた担任の女性教師。

どうもこのHappy Ever Afterではメインキャストの一人みたいです。

ちなみにヘラヘラと頼りない笑みがチャーミングな青年Tonは、Happy Birthdayでは悲壮感しかないスターTeeを演じている方です。

すごいです。

Teeに感じる近寄りがたいまでのオーラを全部消して。

こいつおそらく仕事できねーだろーなー。

でもいいヤツだろーなー。

という親しみやすい好青年をさらっと演じています

 

 

 

さて。

3人は18歳になっていて、そろそろ進路の準備をしないといけない。

担任が彼らをTonの元へ連れてきたのは、けっして優秀とはいえない彼らを心配して……。

ではなくて自分がデートに行く間、彼らを預かってもらうためでした。

こうして3人はTonに勉強を教えてもらいながら、半日をすごす事になりました。

 

が、しかしこのTonさん。

勉強ができない!

ろくに授業にならず早々に休憩に。

マジックを披露したり、舌を変な形にして見せあったりと中学生みたいな事をして、あっとういう間に三人と仲良くなった。

 

身重の奥さんも含めてランチを取る五人。

Tonは奥さんのために魚の骨を取ってあげる。

Sunはその姿に感化され、Innのために料理を取って皿に載せてあげる

しかし甘い雰囲気は長くは続かない。

 

Ohが「今じゃお前たちはそれは深く愛し合ってるじゃないか!」という言葉に

うっかり「俺たちはただのトモダチだ!」とInnが口を滑らせた。

いや本音かも^^;

 

今まさに2品目の料理をInnの皿に載せようとしていたSun。

彼の言葉に機嫌を損ね、自分の皿に料理を載せた。

 

「え?俺のは?」

「自分で取れよ」

「(Ohに)取ってよ。骨の外し方しらないんだ」

 

まぁ……。

海老の剥き方を知らないおぼっちゃまもいましたしね^^

 

Innの失言はこれだけでは終わらない。

大学では何を専攻するつもりのかを聞かれ「映画監督になりたいのでマスコミ学部(メディア情報学部とかかも)」と答えるSun。

 

18歳になっても自分では何も決められない(いや決める気がない)おぼっちゃま、Innも「Sunについていく」と言う。

 

この話に乗ってきたのがTon。

マスコミ学部の女の子はカワイイ。

体にフィットした服を着ると胸の揺れが判るんだ!

とヘラヘラ告げると「俄然やる気になってきた」的な事をInnが言う。

 

これがさらにSunを傷つける。

その後も食事は和やかに進むが、Sunの表情は浮かない。

彼の変化にTonの妻(そしてとても可愛らしい)Koryaだけは気がついていた。

 

Koryaは、食器の片付けを手伝いに来たSunが、Innの言動に傷ついている事に気づいており、彼をそれとなく励ました。

 

Koryaは「Innは認めるのが怖いだけで、本当はあなたの事を気にかけてる」と断言してました。

本編ではAinamも「ホントにそばにいて欲しい人はあたしじゃないでしょ?」と解きほぐすように言っています。

女子の目からはInnがSunに惚れているのは一目瞭然ってことなのかもしれません。

そしてこの2人。

キッチンに立って互いのパートナーの事を愚痴る様は、ママ友同士の会話みたいでした^^

 

「嫌な事があったら、ハッキリ言ってやらないと、馬鹿だからわかんないのよ!」

 

というKoryaのアドバイスに従って、SunはInnにおずおずと切り出した。

 

「お前が俺と同じ学部で勉強したいのは、本当に女の子のため?」

「またかよ?なんでそんな簡単に俺のことで動揺すんだよ!」

「してないよ。俺達は”ただ”のトモダチなんだから。俺には動揺する権利ないもん」

 

サクッと嫌味をぶちこんでくるSunに、一旦はスルーを決め込むInn。

でも結局は「人がいたから恥ずかしくって」と照れ笑いとともに謝罪。

すねたまんまのSunに「お菓子をあげるよ!」攻撃をしつこく繰りだし、笑って水に流そうぜ作戦をまんまと成功させたのでした。

 

またしても問題の先送り。

 

結局はOur Skyyに2人の進展はもちこしになるわけですが、このエピソードを見ておくと、いろいろと本編やOur Skyyの見方が変わってくるかもしれません

 

そのあたりの話はOur Skyyへの持ち越し!

ということで。待て次号!