サバイなブログ

タイ、韓国のドラマを中心にアジアのドラマや映画を紹介しています。ややBL多め

Pondについて語ってみよ〜! Love by Chance 第八話。

登場人物の誰が好き?

そう聞かれたらAe&Pete(セットです)の次に名前をあげたいのが、恋とセッ◯スの伝道師Pondさん^^

 

Ae本人すら気づいてなかったPeteへの恋心をすばやく察知。

見合いを薦める田舎のおばちゃん並のおせっかいで、スーパー奥手の二人を見事カポーへと導いた彼の功績は計り知れないものがありました。

ついついこのブログでは、はしょられがちな彼ですが^^;

今回はいつもより文字数を割いてあげたいと思います。

 

 

 

あ、ちなみにこの第八回を一言で言うなら

 

「AeとPeteが行く先々でイチャコラするのに毎回寸止めを食らう」

 

という回でした^^

Love by chance第八話。あらすじと!感想をば!

今回も長いので目次をば。

 

第七話についてはこちらで語ってます。

rukacchii.hatenablog.com

 

2人、Aeの部屋でイチャコラするの巻

Tinとの話し合いで、自分の無力さ(主に経済的に)を思い知らされ落ち込むAe。

Peteは授業をばっくれ、自室に戻った彼についてきた。

 

「Tinの言った事は気にしないで」

Peteは励まそうとするが、Aeには届かない。

「俺にはTrumpを探し出す事もできないし、お前の大事な時計を買い戻す事もできない。頼ってくれって言ったけど。ホントのところ俺は何もしてやれないんだ。なに一つ」

「それは違う。全然違うよ」

 

Peteは切々とこれまでAeにどれだけ助けてもらってきたかを訴える。

 

「僕が、どんな時でも信じられる人は、君だけなんだよ?」

 

彼の言葉に心を動かされたAeは、Peteを静かにだきよせる。

互いへの信頼を確かめあい、流れでそのままキスしようとする2人。

唇が触れる寸前に部屋の外で物音がして、一気に二人は冷静に。

 

ココ!

ここ数話、二人のキスシーンは続いているので「ちょっとサービス過剰かな」と思った矢先の寸止め。

こちらの心の動きを見抜かれてます^^;

 

この後、一人暮らしをする予定のPeteが部屋の内見にAeを誘うわけですが。

学生が多数行き来する中、Peteのホッペをむぎゅっとするわ「カワイイ。カワイイ」を連発するわ。

Ae。めっちゃオープンやな!って感じ。

みんながみんな、君の親友みたくゲイフレンドリーってわけじゃないんだぞ?

と思ったり^^;

 

 

 

Pondにも!ついに!春がきた!

親友Aeが初めてのカレシに浮足だっている中。

Pondはある決意を胸にトイレで身だしなみを整えていた。

彼の決意。

それはカフェで知り合った美女ChaAmに告白すること。

 

ココ。Pingがからかい半分Pondのシャツで手を拭くのが好きです^^

大学一年男子なんてまだまだガキなんで、こういう事ふっつ〜にやりそうです。

 

Aeの自転車を借りChaAmを待つPond(尻ポケから飛び出すバラ一輪にご注目)

現れた彼女に「私めの用意したお車(自転車)でバス停までお送りしても?」と勿体つけた口調で言う。

 

「あなたにお話する事がございます」

「なに?」

「よく聞いてくださいませね」

「早くして」

「私めの彼女になってくれませんか?」

「(きっぱり)ええ。いいわ」

「えっ!」

「なんでそんなに驚くわけ?」

「用意したジョークなにも使ってないんだけど」

「(苦笑)なんて言うつもりだったのか聞かせてよ」

「ええと。たとえば僕は心臓の病気をもっている、とか。病気の祖母が義理の姪に会いたがってて、そうしないと俺を遺言書から外す。とかそんな感じの?」

「そんなジョーク必要ないのに」

「マジで?」

「うん」

「なら、他のみんながするようにお願いするよ」

「うん」

 

Pond氏、尻ポケでピョンピョンしてたバラを差し出し

 

「俺の彼女になってください」

「(苦笑して)これって。みんなすることなの?」

「ああ。そうさ」

「うん(とバラを受け取る)」

「おっしゃぁ!」

 

ガッツポーズをしたPond。そのまま勢いで抱きつこうとする。

 

「ちょっと!やめて!抱きついたらひっぱたくから」

「どうして抱きつくつもりだって判るんだよ?」

「それは。私はあなた様の彼女ですから。あなたの事はよぉ〜く判ってる」

「それなら、なんで一瞬でオッケーしたの?」

「断ってもいいのよ?」

「いやいやいや。だまります。僕はだまります。さ、どーぞ!お車に乗ってください」

 

Pond氏の日頃のおせっかいに敬意を表して^^;

過去最長に和訳してみました(誤訳ご容赦)。

この丁々発止のやりとりは聞いてて(そして訳してて)とても気持ちいい。

ハリウッドのロマンティックコメディのようなテンポの良さ。

 

このドラマには他に4組のカップルがいるわけですが。

どの組もみんな奥手というか^^;

 

 えと。んと。あ〜。……。でもぉ。

 

みたいな感じで会話のタメが多い子ばかり^^

唯一、言葉の多いカポーがTin&Canですが、彼らは丁々発止というよりけんけんがくがくという感じ。

会話自体に面白みが少ないんですよね。

そういう意味でこの二人はとても貴重なカポーかな、と思います。

 

 

 

2人、内見中の部屋やAeの実家でイチャコラするの巻

引越し先の内見に来たPeteとAe。

ホテルのスイートルームかよ?

という広くてキレイな部屋に「でかすぎるし、不必要だ」とコメントするAe。

 

流されやすい子、Peteは「他の部屋も見たほうがいいかな?」と提案するが、お前の部屋だし、お前が決めろ!俺にはでかすぎるけど、お前にはちょうどいいんじゃないか?

と言われ、この部屋を借りる事にする。

無駄に大きなソファに腰掛けた二人。

キスしたい衝動を、今回は意志の力で乗り切った。

 

しかし彼への想いは募るばかり。

会えない時もPeteの写真を眺めている

 

姪のlymの誕生パーティーの話を聞いたAe。

Peteを誘い誕生日プレゼントを二人で選ぶ。 

AeはそのままPeteを自宅へ誘い、二人はベンツで(おそらく)下町にあるAeの実家に乗りつけた。

Aeの実家は母が経営するカフェレストラン。

Peteの素性をよく知らない母は「麺を分けてくれる?」と慣れたかんじで店の手伝いを頼む。

 

え?麺の?しわけ?って、なに?的にキョドるPeteがカワイイですね。 

空調のないAeの部屋。

扇風機の前に氷置いて風を冷やすという手法は初めてみました。

 

自室にこもるとすぐさまAeは、モゾモゾしだす。 

お母さんが下にいるよ?というPeteの静止もなんのその。

Peteを押し倒し、服の中へと手を忍ばせる。

と、そこに外出していたlymが現れ、またも理性を回復する二人。 

 

Tin。Canのおしゃべりをキスで封殺するの巻 

「なんて日だ。せっかくいい気分だったのにヤツを見つけちゃったよ」

 

校内を歩いていたCanはもっかの宿敵、Tinに遭遇する。

Tinは母親と電話していた。

母親らしい事は何一つしないのに(おそらく)くだらない上流階級のパーティーに息子の同席を求めてくる。

Tinはそんな母にうんざり。電話を切る。

 

見ていたCanが攻撃を開始。

自分の母親にあの口の聞き方はなんだ!

理由も知らないのにTinを責めるCan。

うっとうしさのあまりTinはCanの口を塞いだ

キスで。

 

ここなんですけど。

しょーじき。Tinという人がほんとーによく判らないです。

なぜここでキスをするの……かな?^^;

 

もしくはここは珍しく演出が機能していないのかも。

 

Canがあまりにうるさいので口を塞ぐために思わずキスをした。

という展開だと思うんですけど、このシーンのCan。

それほどギャンギャン言ってないんですよね。

 

直前のPond先輩とのシーンのほうがよほど勢いがあって。

あの勢いがあれば「キスによる口封じもやむなし」と思えるのですが……。

 

2人、新居でイチャコラするの巻

CanがTinからの突然のキスに悶絶している頃。

AeはPeteの引っ越しを手伝いに来ていた。

 

「彼があなたがいつも言っている”Ae”君?やっと会えたわね」

 

Aeは引っ越しを手伝いに来ていたPeteの母と遭遇する。

荷物をほどき、ディナーをともにする3人。

 

「彼は本当に子供みたいなの。いつだったか。エビのお粥を作ったことがあって。初めて剥いたエビを見せるために家中を走り回って。なのに、エビはバラバラでこんな大きさになっちゃって」

「お母さん。お願いだから、からかうのは止めてよ」

「俺が教えてやるよ。エビを剥くのは得意なんだ」

 

視線を交わすAeとPete。

母はAeの人柄を(一瞬で)認め、Peteを彼に託す。

 

部屋に慣れるため早速新居に泊まっていくPete。

「泊まってってよ」と甘えたな事を言われ、もちろん泊まっていくAe。

 パジャマで、ベッドに二人。

もぞもぞ互いに話しかけ、落ち着かなくて眠れない。

 

「言っておく事があるんだ。ディナーの時、エビを剥きたいって言ったけど。本当はお前を剥きたいって意味だったんだ」

 

ココ!

Aeが!

Pond化してる!(Pondの生霊が乗り移っていたのかも)

 

我に返ったAeは自分の発言に恥ずかしくなり「おやすみ」と背を向けた。

その背中に寄り添うPete。

 

「Aeも、おやすみなさい」と耳元で囁いた。

 

はい、ごちそーさまでしたっ。

待て次号! 

rukacchii.hatenablog.com

 

知らない人はいないと思いますが、こちらがLBC公式チャンネル。
このチャンネルで26日から本編が日本語字幕で見れますよ^^

www.youtube.com