サバイなブログ

タイ、韓国のドラマを中心にアジアのドラマや映画を紹介しています。ややBL多め

Sandeeファミリー崩壊の危機。Kiss me againをPete&Kaoだけで語ってみる。その2

判定が微妙なキスがきっかけで元から仲がよくなかったのに、さらにゴタゴタしはじめたPeteとKao。

問題は2人の間だけにとどまらず、Sandee姉貴とその手下たちにも広がって……。

Kiss me again3話から6話のBLパートのあらすじを!

Kiss me again1話と2話についてはこちらから

rukacchii.hatenablog.com

 

4話まとめるとか飛ばしすぎでしょ?と思われた方。

違うんです。手抜きではありません^^;

この作品は群像劇。

各グループに横の連携もほぼほぼないので、1話につき実質15分くらいしかPete&Kaoの出番はないんですよね。

そうすると大体4話くらいで起承転結一区切りついて、次の展開に進むかんじです。

というわけで1話ずつ見どころを。

 

 

 

まず3話。

Peteに「グループを抜けろ」と言われたKaoがSandee達とあまりつるまなくなり、それをSandee姉貴が不審に思う。

 

4人の馬鹿な男どもを手下に従え、女王のごとくSandee姉さんが君臨する。

という、このグループの基本陣形が固まりつつあるのがこの3話。

Kaoの異変にいち早く気づくのも彼女ですが、この時点ではまだ様子を伺っている感じ。

お話に大きな動きはありませんでした。

 

そんな、この回最大の見どころは顔に似合わず「脱いだらすごい」Kaoさんが、お話の流れ上は必要ないのに、上半身をさらす場面でしょうか。

Newファンの皆様、おめでとうございます!

 

整ってはいるけど素朴風味なお顔と、マッチョな体のバランスはハリウッド俳優のマット・デイモンを彷彿とさせます。

ボーン・アイデンティティのアジア版を作るとしたら、ジェイソン・ボーン役はNewさんに決まりだと思います。

 

知らない人のために。

ボーン・アイデンティティー (字幕版)

 

次!4話。

Sandee姉さんが動く。

Kaoが自分たちを避けている原因がPeteにあると知った姉さんとその手下達。

彼女と一緒に帰ろうとするPeteを呼び止め、ファミリー会議を開催。

Peteが「こいつにはうんざりなんだ」と口にすれば「俺だって」と切り返すKao。

2人の喧嘩は手下の一人Junも巻き込み、殴りあいの抗争に。

「お前らとはもうつきあわねぇ!」と啖呵を切り、Peteが離脱。

Sandeeファミリーの行く末に暗雲が立ち込めます。

 

そこにPeteの元カノが、Kaoに接触

Peteとの仲を取り持って欲しいと提案するが、Kaoは当然気が進まない。

Kaoは姉さんに電話をかける。

当の姉さんはファミリー崩壊を回避しようと、Peteに個人面談をおこなっている真っ最中。

Kaoの訴えを聞き、彼の家へと向かった姉さん。

Kaoが彼女を出迎えると、背後にはPeteがつまらなそうにハンドルを握っていた。

姉さんのグループ愛、いや家族愛が表に現れた回でした。

 

 

 

続く5話。

Kaoママに連れられ、結局はKaoの家にお邪魔するPete。

夕食を食べていく展開になり、食卓にご飯を並べるうちにKaoが受け取ろうとしたグリーンカレートムヤムクンのようにも見えますね)らしきものがこぼれて、Peteにかかった。

服は汚れるし、やけどはするし不機嫌のPete。

そしてここからがこの5話の見せ場。

汚れた服を脱いで引き締まった半裸を披露するPete君。

Tayファンの皆様、おめでとうございます!

 

さらに軟膏と替えのシャツを持って現れたNew……。

じゃなくてKaoが、さらっと軟膏を塗ってあげる

サービスショット来た!

と思いきや、すぐさまPeteが「自分でやっから」的にKaoの手から軟膏を奪い取るという、じらし展開。

軟膏を塗るPeteの胸元をガン見するKao。

 

すでにこの時点で恋が芽生えているのでしょうか?

というかKaoのセクシャリティはどっちなんでしょうか?

 

ファミリーが元どおり仲よくしない事に、姉さんは苛立ちファミリー解散を宣言

時を同じくして、Peteの元カノがPeteに接触

今カノと元カノのキャットファイトが彼の目の前で展開され、なぜかPeteは今カノを責め、元カノと寄りを戻しそうな雰囲気をかもしだす。

 

そして6話。

ファミリーの男たち2人が先輩に絡まれているのを、Peteが発見。

ファミリーの危機をほっとくわけにはいかず、Peteは拳をふるった。

 

一方自宅にいたKaoはPeteの元カノからのメールに悩まされていた。

ミュートするかブロックするかすればいいのに、気立てのいい子Kao君には、それはできない。

でも始終「Peteはどうだ?Peteはどうした?」とうるさいメールに、Kaoはイライラを募らせる。

KaoはPeteを呼び出して「彼女をなんとかしろ!」と告げる。

その後他愛もないやりとりがPeteの勘に触ったのか、PeteはKaoに拳を振るう。

こちら本日2度めです。

 

狂犬、というあだ名がつきそうなくらいにPeteさんはケンカっぱやいす^^;

しかも殴った直後に言ったセリフが「昔、殴られたお返しだ」

いやいや、あなたその前にKaoの友人殴ってたじゃん?

しかも、それ高校時代の出来事じゃん?

もう大学生なんだから、そんな昔の出来事さらっと水にながそうぜ?

 

実はかぎりなくゴリマッチョ体格のKaoが、反撃の拳を振るう。

吠えないイヌほど、実は強い。

じゃないですけど、Kaoさんは終始戦いを優勢に進め、ついにはPeteに馬乗りになり、気絶するまでぶん殴る。

 

「やがてつきあうカップル同志が気絶するまで殴り合う」というのは、ボク史上初めてのシーンでした^^

Together with meのKornとKnockですら殴り合ってはいないはず。

 

呼びかけてもピクリともしないPete。

Kao、今度はマウストゥーマウスでもしだすのか?

と思っていると、Peteが息を吹き返す。

 

漢同志は拳で語り分かりあうってやつでしょうか?

草っぱらに寝転がる2人はなんだか打ち解けた様子にみえました。

いやぁこの2人、こんなに武闘派なカップルだとは知りませんでしたよ。

 

手下の男ども4人全員がボコボコの状態だという事実を重く見たSandee姉さん。

ファミリーの解散を撤回し、ボコボコになった原因を追求する。

 

と、こうして見ると。

3話から6話はSandeeファミリーが、対立を乗り越え、より強く団結していく様子が描かれているのがよく判ります。

ちゃんと起承転結っていう展開になっているんですよね。

 

Kaoのセクシャリティが不明なので、なんとも言えない部分はありますが、この時点ではPeteとKaoの間に「ラブ」の要素はほとんど描かれておりません

それはおそらく7話からになるのかな。

というわけで。待て次号。

rukacchii.hatenablog.com