サバイなブログ

タイ、韓国のドラマを中心にアジアのドラマや映画を紹介しています。ややBL多め

「萌えてきたっ!」タイBL2moons2。第2話。

今回も引きつづき、無印と同じストーリーラインをやっているようなのですが、ダイジェスト感もなく、程よいテンポで話が進みます。

そしてとにかく撮影と録音がしっかりしてるのでとても見やすい。

2moons2の第二話の感想を!

一話についてはこちら。 

rukacchii.hatenablog.com

 

 Forth先輩にバイクで送ったもらったWayoは、オクトトーキョーの回し者Mingと一緒にダンスレッスン。

 

インストラクターの華麗の踊りが、MingとWayoの手にかかると、どじょうすくいみたくなってしまうのがおかしカワイイシーンでした。

 

 

 

休憩中に、Pha先輩がやってきてWayoの額にプリント用紙を押しつける。

見事、試験でトップを取ったPha先輩。

「約束どおり寿司をおごってもらおうかな」

「んん!」と笑みをかえすWayo。

ところがここにPhaの彼女(実際には違うようです)が現れて、Wayoから寿司のお供の座を奪っていってしまう。

「お前は練習に戻った方がいい。俺は彼女と一緒にいくから」

「んん」とさみしげにうなづくWayo。

気を効かせて場を外していたMingさんが戻ってきて

「あの二人、仲良さそうだよな」

「んん」

「凹んでる?」

「んん」

「そんなに凹むな。次のチャンスがあるよ」

「んん」

 

んん五段活用とでも言えばいいのでしょうか?^^;

カレの「んん」はとにかくカワイイ。そして感情がちゃんと識別できる^^

このシーンでは「んん」という音だけで、喜怒哀楽のほとんどすべての感情を表現してしまったWayo役のEarthさん。

これは磨けば光る、いい役者になるかもしれません。

 

Phaを取られたWayoは、なぜかMingとForthの3人で夕食に。

寿司デートをかすめ取られたショックでまだ凹んでるWayoだったが「Pringは誰ともつきあってないよ」という言葉にニンマリとする。

「Phaの事が好きなのか?」とForthに問われて、Mingは「違いますよ。男だったらWayoの方がカワイイ感じで好みっす」とサラッと爆弾発言。

その言葉を引き継ぐ形でForth先輩が果敢にアタック。

「Yo。お前、笑うとすごくカワイイよ。もっと笑えばいいのに」

まんざらでもない笑みを浮かべるWayo。

「先輩はWayoがカワイイって思うんですか?」

うなづくForth。

「そか。先輩は俺の友達に気があるのか」

「Ming。いいから食べろよ!これ」と話を遮ろうとするWayo。

 

友達どうしジャレてるMingとWayoを「カワイイなぁコイツ」と見守るForthさん。 

この3人組がキャッキャッするシーンは、この回最初の萌えどころでありました。

写真や放送前の特番ではいまいちピンとこなかったForthさんですが、本編を見てみると印象がだいぶ変わってはまり役だなと思いました。

Forthの見た目年齢がWayo、Mingとあまり違いがないので、年上の先輩という設定に違和感を感じない。

作る表情が少年っぽいというか、あどけなさを感じられるのも個人的にはポイントが高い。恋してる時のぎこちなさを、より強く感じられるといいますか……。

初々しさを感じます。

正直、現時点ではPha先輩よりForth先輩とくっつけばいいのでは?と思ったり^^;

 

 

 

ゲリラ豪雨の中、コンドミニアムのエントランスで傘を持って先輩を待つWayo。

一人戻ってきたPring(Phaの彼女だと思われている女性)にPha先輩の部屋番号を聞いた。

 

字幕はつきませんでしたが、Wayoは先輩を待ちながらブツブツ「五階の五号室」とつぶやいています。

こういうセリフとも言えない言葉や吐息。

バサッと切ってしまいそうな小さな部分をあえて残すことで、ドラマに臨場感が加わっているかな、と思います。

 

この後、無印の予告編にも使われた傘のシーンがあり、Pha先輩はWayoがコンタクトをしてる事を知る。

もしかして。コイツ、高校の時いいなと思ってた下級生じゃね?

そんな疑いを持ったPha先輩は、Kitに相談をする。

翌日。すでにWayoが自分たちの後輩だと気づいていたBeamとKitは、Phaを呼び出す。

そしてPhaはメガネをかけたWayoを目撃。

やっぱりそうだ!

高校生の時、学校に迷い込んだ子猫をかわいがっていた可愛らしい後輩がWayoだったんだっ!

という事に気がつき、自分のおバカっぷりを呪う。

 

「だってもう散々いじめちまったよ、アイツの事」

 

と、がっつり凹むPha先輩。

 

Kit、持ってたプリントで仰いであげるのが、優しい。

確かForth先輩も遊び人という設定だと思ったのですがけっこうウブい感じだし、Phaもモテ男のはずなのにだいぶ純情^^

 

Wayoが、あのWayoだと気づいた途端に態度が変わるPha先輩。

WayoにPinkMilkをプレゼント。

しかし自分で手渡しではなくBeamに預けるチキンな感じ。

この後、Forth先輩もカレに弁当を持ってやってくる。

モテ期を謳歌するWayo。2人の先輩からのアプローチはまだ続く!

Pha先輩は練習が終わるのも待ち構え、またもやPinkMilk攻撃をする。

 

このPinkMilkという飲み物。

飲んだ事がないのですが、ものすごく甘い飲み物らしいんですよね。

いくら好物とはいえ、いくら若いとはいえ、それを一日に2杯も飲ませるのはカロリー的にどうなんだろう?^^;

もしかしてPha先輩は太めが好みだったりするのかな?

 

ちなみに日本でも飲めるようです。タピオカブームバンザイ!

chabadi.asia

 

PinkMilkを餌に近づいたPha先輩は「車で送ってってやろうか?」と提案。

よろこんで!と飛びつかず、少しじらす辺りがWayoっぽい。

結局はPhaの車に乗せてもらう事になったWayo。

2人のもどかしい様子を側で観察していたMingは「健闘を祈る」と笑顔で送り出す。

まっすぐ帰さず、ディナーをする2人。

 

一方のForth先輩は翌日練習をしてるWayoをランチに連れ出す

そこに現れたPha先輩だが、強気なForth先輩に押され負け持ってきたPinkMilkをWayoに渡す事ができなかった。

急ピッチで関係を修復し「そんなに長い時間一緒に過ごしていたんなら、Wayoは妊娠してるかも」とBeamにからかわれる程だ。

そして彼らはバスを借り切って旅行にでかけるのでした。

と大体ここまで。

 

 

 

演技がこなれてきたのか、こちらが慣れたのか。

表情も仕草もすごく柔らかくなってきてるので、全編にわたって萌えポイントが散りばめれられています。

全部を書こうとすると、5000文字超えの大作になりそうなのであちこち省略しましたが^^;

後半「ご飯食べてない」というPha先輩に「(ご飯買いに)行きますよ!」っていうシーンがあって、その時に一瞬だけするしかめっ面もまたキュートだったり。

Wayo役のEarth君の屈託のなさが、作品の好感度アップに大きく貢献してるなぁと思います。

初回から良かったMingやKitに加えて、悪ぶってるけどそうでもないForthもはまり役。

Pha役の子にもう少し俺様オーラがあってもいいのかな?

とは思いましたが、まぁ大きな傷にはなっていません。

 

タイドラマらしく登場人物にいい人が多く展開も、のほほんとしてるので萌えやすい。

リブートとしてはかなり成功してるんじゃないかと2話目を見て思いました。

というわけで。

待て次号!

rukacchii.hatenablog.com