仕込みの時間

2年目を迎えたフリーランスの映像クリエイター。フリーランスとしての悲喜こもごも、旅ブログ、そして少々のタイポップ、タイドラマなど。

タイドラマが好き「SPIKE」

まぁ、誰が喜ぶんだよ、という気もしますが……。
ついにタイドラマについて書いてしまいますよ^^


というわけで記念すべき第一回は、
先週全8話が終了した「SPIKE」というタイドラマ。

youtu.be


タイドラマには結構多いのですが、このドラマもテレビ放送の翌日に、YouTubeに全編まるっとアップされております。

加えて、一週間後には英語字幕もつきまして、ワールドワイド にドラマを楽しめるようになってます。いやー太っ腹。
るかっちも、このYouTube版(英語字幕付き)で視聴しておりました。

さて、肝心のこのドラマ。「Project S series」というスポーツをテーマにした、
オムニバスドラマの第一弾で、タイトルからも分かるようにバレーボールを扱っています。

ざっとあらすじはと言いますと。
Puen、Leng、Shinghar、Nao(プーン、レン、シンハ、ナオ)の4人は
Theppanya(てっぱんや?)高校のバレー部員。
あと一歩という所で、強豪のSt.セバスチャンに破れた彼らは、
来年も4人揃って大会に出場し、今度こそ優勝しようと誓いを立てた。


f:id:rukacchii:20170715123341j:plain

ところが一年後。
仲間の一人、Shingharが引き抜きを受け、今年はSt.セバスチャンでプレーすると告げる。残された3人は、自分たちを裏切ったShingharを決勝の舞台で打ち負かし、優勝しようと練習に励む。

と、いう縦糸に加えて
素行不良で選手生命をたたれ荒んだ生活を送っていた男が、かっての恋人に請われて、てっぱんや高校の新任コーチとして赴任してきたり


親友でもあったShingharの裏切りを消化できず、新しく入った下級生のセッターThan(タン)とうまく折り合いをつけられないPuenの葛藤とか、

事あるごとに「プロになる」夢を父親に否定されるThanと家族のわだかまり


なんかが(DKのシモネタ会話に絡めて)描かれていく、今時ジャンプでも見かけないような王道のスポ魂ドラマになっております。
腰に紐つけてタイヤを引く!なんて描写、ほんと久々に見た。(まぁ訓練ではなく、罰として、でしたけど)


この、下手したら爆笑してしまいそうな熱苦しい展開が、
地に足着いた人間ドラマとして、きちんと成立しているのは役者さん、特にPuen、Thanという主演の魅力による所が大きい。
真逆の家庭環境を持つ2人なのに、似たような寂しさを抱えている。
それが垣間見える小さなシーンの積み重ねが、このドラマに重みを加えているような気がしますね。

主役のPUENを演じるこの方の熱演も素晴らしいです。
後半は見せ場の連続で、そーとーこっちの気持ちを持っていきます。

この方。
日本ではこの髪型含め、主役に抜擢されなさそうなビジュアルではあります。

 

ちなみにThan役をやっているBankは、NHK佐賀制作の「ガタの国から」にも出ていますね。

f:id:rukacchii:20170715122839j:plain

個人的に実写版ワンピースを作るなら、ルフィーはこの人だと思ってる^^ 


そんなスポ根ドラマSPIKEの紹介終わり!